とろけあいのあらすじ

ちっちゃ可愛い愛娘を猫可愛がりする偏愛短編集です。

幼なじみの嫁にごチン挿する「里がえり」やオ×コまっしぐらなヒロインと肉交しちゃう「発情継続! 猫守さん」ほか、ツルっとしたあそこを、ヌルッとしたチンポでぶち抜く突貫好事全16作。

とろけあいを読んだ感想(抜粋)

マジでヤバくね?一人で楽しめる大人のコミック!昨夜読んだとろけあいは最高だった!

いつも読み耽ってしまうんだけど、そうは言っても読んでるよね!この漫画は、読む価値あり!

なんだかんだ言っても女の子の身体がぷにぷに柔らかそうでヤバイっ!

マンガ名は、とろけあいという名で、無料で見放題っ!読まなきゃ損だよ!

好みもあると思うけど、女性のタイプも大きいおっぱいが大好きだったり、ちっちゃいのが良かったり、可愛い系が好きとか、外せない好みもあるだろうけど、漫画だとソレ割と関係ないです。

でもまぁ、今回の【とろけあい】のコミックは、絵が上手いし、エロ度満足&ストーリー展開もおもろい!

そうは言っても、超ヤバイ電子コミックなのでコッソリ読むのが鉄則です。電車の中で読むとか危ないですw

背後にだけ気を付けて(笑)、好きなのがあったら、読みたいでしょ!。

半年ほど前に読んだスマホ専用大人の漫画!とろけあいを試し読みしたらかなり萌えたw

読み漁ってるんだけど、肉食系じゃなくても好きっしょとろけあいって作品は、めちゃくちゃイイでーす!

ともあれ女の身体がぷにぷに柔らかそうでエッチ過ぎっ!

今回紹介するコミックは、とろけあいという名前で、無料版が見放題っ!マジ、イイよ!

好き嫌いがあるので、女の好みも巨乳より貧乳が好きだったり、熟女系がOKとか、外せない好みもあるだろうけど、漫画だとソレ割と関係ないです。

つうか、【とろけあい】のコミックは、絵のタッチが丁寧で表現豊かだし、エロさはもちろんストリー性も優れています。

でも、エロすぎるコミックだから独りの時に読まないとね!見つかったら、付き合い変わっちゃうかもしんないです。

背後にだけ気を付けて(笑)、ヒット作品とか、スグに読みますよ。。

とろけあいを読んでみたい方

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトル「とろけあい」を入れて検索して下さい。


≫≫とろけあいを読む



こちらのコミックもおすすめ

調教ガールズコレクション

とろけあいの画像です。

下着の中に隠された調教のし・る・し…濡らしてしまう悪い娘にはHなお仕置が待っている!!妹に女装させられた男・ツカサは、女として妹の友達・ユリと仲良くなる二人で過ごしていたある日、突然ユリの息遣いが荒くなり絶頂に達してしまう!!実は彼女の下半身には●●●が…ユリが受けていた驚べき調教の実態を知ったツカサが取った行動は!!!


お兄ちゃんそっち行ってイイ?〜二段ベッドのヒミツ〜

とろけあいの画像です。

「お兄ちゃん二段ベッドの上でシヨ?」主人公と妹は狭いマンションの一室、同じ部屋で暮らしていたしかも妹は年頃にも関わらず、兄の前では無防備でムチムチなカラダを惜しげもなく見せつけてくるそんな姿に迂闊にも欲情してしまう兄は、妹のいない間にオトナのDVDで自家発電を開始!! しかし、その現場にうっかり妹が遭遇することになり…DVDを一緒に見た妹は、自ら兄を誘い出す!?


冒涜ヒクヒク図書館

とろけあいの画像です。

「私の服を捲らないで…続きは本を読んでからですわ…」デカパイお姉さんと『名作』の世界をご堪煤I?煩悩まみれのヤらしい物語を読み終えたら、興奮したお姉さんのピンク豆をツマんであげてください…


針救師

とろけあいの画像です。

春輝の新作短編キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!! 短くたって、スゴイんです!短くたって、信頼の春輝!エッチな針灸でフェロモン撒き散らしモードの若奥さん発熱BODYでダメ夫をユーワクして夫婦仲修復ッ!?


イケメン整体師の極上ヌルヌル触手プレイ

とろけあいの画像です。

街によくあるフツーの整体院ところがここで行われる整体はどうみてもエロエロマッサージ!? 女房が通ってるのだが怪しいという相談が、旦那と名乗る男から探偵事務所に入る女探偵・くららが証拠をつかむため、ボイスレコーダーを片手に潜入捜査を試みる!!入ってみると施術担当はイケメン・オーナーの小高山極小ビキニに着替えさせられ、いよいよマッサージ開始特製オイルを塗られたあたりから朦朧とするくらら気がついたらビキニは脱がされ、蛸壺のようなものが……オイルマッサと触手によるダブル・ヌルヌルプレイは必読!! 触手シリーズで人気のトミヒロ、氏による描き下ろし決定版!!


とろけあいや、他の作品を読んでみる

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


このページの先頭へ